シアリスを服用する際には注意点があります。副作用や併用できない薬などを確認しましょう。

シアリスは世界シェアNo1のED治療薬 TOP > シアリス服用の注意

シアリス服用の注意

シアリス服用の注意

シアリスの有効成分タダラフィルは個人差や体調によって吸収率が異なり効果が出るまで時間がかかってしまうことがあります。服用する時は性行為前ギリギリではなく、なるべく余裕を持って服用しましょう。
・シアリスは精力増強剤でも、催淫剤でもありません。服用しただけだと勃起しない、性欲向上しないのは当たり前なのです。性的な刺激や興奮材料が必ず必要となります。
・食事の影響は少ないとされていますが、なるべく空腹時に服用したほうがより効果を感じられます。
・心臓の病気を治療中で、硝酸剤を使用している方は併用禁忌薬となっています。狭心症などの治療をしている場合も同じでニトログリセリンとの併用を禁忌としています。硝酸剤は経口薬だけでなく、スプレータイプのものや、塗り薬、吸入薬、注射などがあるので注意しましょう。
心臓病の方は性行為自体があまり良くないとされているので服用自体を医師に相談してください。
・重度な肝臓障害がある方も使用できません。
・シアリスはグレープフルーツとの相性がよくありません。一緒にジュースなどでも摂取することによって副作用が強く出てしまう可能性があるので、グレープフルーツやその成分が含まれているものは一緒に摂取しないようにしましょう。

シアリスの副作用

シアリスの副作用

従来のED治療薬に比べて副作用が少ないと考えられているシアリスですが、もちろんまったくないわけではありません。ゆっくりと効果が表れるので急に副作用が出るというのはあまりありませんが、やはり副作用もゆっくりあらわれてくることがあります。

顔のほてり、赤ら顔、頭痛、眼が赤くなる、鼻が詰まる、動悸、めまい、視界がまぶしく見えるなどがあります。中には風邪がひどくなったように感じる方もいます。しかし重度ではなく、効果がなくなるとともに副作用も消えるようでしたらあまり気にする必要はないでしょう。しかし逆に副作用が強い場合は直ちに使用をやめ、医師や病院へ行き相談しましょう。