ED治療薬のシアリスやバイアグラ、レビトラの比較や、シアリスの効果などを詳しく解説します。

バイアグラより人気のシアリス

様々なED治療薬

シアリスはED治療薬の中でも新しく2003年に世界誕生となったのですが、実は今現在ED治療薬の中で世界シェアNO1になっているのです!!日本での販売は2007年の9月でバイアグラに比べたらその知名度はあまり一般的とはいえません。なぜあまり知名度が高くないシアリスが世界シェアNO1となったのでしょうか?それはシアリスの効果の持続時間が他のED治療薬に比べて格段に長いことが関係しています。そこで他のED治療薬の持続時間やシアリスについてご説明したいと思います。

バイアグラ

バイアグラの名前はだれでも聞いたことがあるほど有名なED治療薬です。アメリカの製薬会社ファイザー社から発売されその当時は今までは考えられなかった薬の登場にパニックとなり様々な事件が勃発したのです。社会現象になるほどバイアグラの誕生はセーセンショナルとなったのです。有効成分はシナデルフィルで元々は狭心症の治療薬として開発されていました。しかし服用患者から勃起しやすくなったとの報告がありED=勃起不全の治療薬として着目されたのです。現在でもパイオニア的存在として認知度も高く信頼性もあることから初心者などにお勧めとされるED治療薬となっています。(効果の持続時間は5時間~6時間)

メリット

知名度が高く誰でも知っており、歴史が長い。効果も確実性がある。

デメリット

即効性はなく効果の持続時間も比べると長くない。食事の影響を受けやすく、さらに副作用(赤ら顔)が出やすいため飲むタイミングなどを気にしなくてはいけない。

バイアグラの詳細はこちら

レビトラ

ドイツのバイエル社が2003年に販売を開始しました。バイアグラの次に開発されたED治療薬でその注目度は高く日本でも承認された当時大きく宣伝されていました。有効成分は塩酸バルデナフィル水和物で早く体に浸透しやすいことから即効性が高く、早く勃起したい人向けとなっています。効力も強いという報告もあり、バイアグラで満足できない人向けとなっています。(効果の持続時間は5時間~10時間)

メリット

即効性が高く食事の影響をやや受けにくい。効果が強力と感じる人もいる。

デメリット

職に影響が全くないわけではなく、やはり空腹時の時の方が効果は出やすい。赤ら顔も出やすくなっている。

シアリス

アメリカのイーライリリーアンドカンパニーが2003年に販売を開始しました。2007年に日本で販売されるようになった今現在で一番新しいタイプのED治療薬です。有効成分はタダラフィルで水などに溶けにくい性質を持っている為持続時間が長くなっています。この持続時間ですがバイアグラが5時間~6時間、レビトラが5時間~10時間なのに比べてシアリスはなんと24時間から36時間となっています。この時間は驚異の数字とされておりシアリスが人気なのはこの驚異の持続時間体と言えます。日をまたぐことから旅行などにいった時やお泊りの時にぴったりとされています。さらに食事の影響も他の2種類に比べて受けにくく、外食などのタイミングなども考えなくて済みます。(効果の持続時間24時間~36時間)

メリット

食事の影響が受けにくく、効果の持続時間が24時間~36時間と長い。従来のED治療薬の最大の副作用であったほてりなどがでにくい。

デメリット

効果を感じられるまでの個人差が大きい。30分から4時間ほど差がある。

シアリスとは

シアリスとは国内では最新の治療薬です。性行為中に男性の陰茎の勃起が解消されてしまったり一時的な勃起が行われ膣内への挿入ができても硬さを維持することができなくなってしまい行為を断念してしまうようなケースを、治療薬の服用によってカバーします。服用中は勃起が解消されることなく、中折れなどが起こらないようにしてくれ、性行為の成功率を高め性的欲求を満たすことができる勃起不全解消のED治療薬となります。

有効成分はタダラフィルで、この成分はED界にとって画期的な開発となっています。まず、今まで、食事に影響を受けやすいとされ、食事をとるタイミング、食べ物の内容などを考えなくてはなりませんでした。例えば、カップルで食事を行った後に、流れで性行為を行うこともあるかもしれません。その時に、食事影響がある場合は、服用してもその力を発揮しにくいです。その点、シアリスの主成分であるタダラフィルは、食事を気にせず服用できますので、食事の前などに服用していれば効果はばっちり期待できます。そして、もう一つ画期的なのは、持続力の長さになります。

バイアグラの持続力は4時間から6時間、レビトラは5時間から8時間、シアリスは24時間から36時間となり、比べものにならないほどの持続時間となります。欧米などでは、週末に楽しいセックスライフを送れることから、シアリスはウィークエンド・ピルという愛称で呼ばれています。タダラフィルは水に溶けにくい性質を持っていますので、長時間効果が得られます。しかし、その反面、効果が表れるのに時間がかかる場合もあり、個人差もありますが、30分から4時間ほどで効果が期待できます。なので、今日はもしかしてあるかな、、と期待が持てる場合は早めに服用するようにすれば準備万端になります。

ED治療薬は各々メリットデメリットがあります。シアリスは、ゆっくりとじわじわ効果を感じれるタイプです。自然な勃起と効果の長さ、副作用の少なさを求めているのであれば、シアリスが一番適しています。異なるのはそれぞれの薬の特徴であり、シアリスは画期的な薬として評価されており従来品の一番の欠点を大きく改善することででき、食事によって効き目に変化を起しやすかったED治療薬ですが、800キロカロリーまでの食事であれば効き目が左右されることもなく服用時の制約を減らすことで男性が感じる精神的ストレスを緩和させることができます。これは成分であるタダラフィルの特徴であり身体への吸収率が高いため成分を一度吸収させてしまうことで効き目に変化がおこらないようにしてくれます。

シアリスは通販で購入する事ができます。ジェネリックも多数あるので、検討してみましょう.

タダラフィルとは

シアリスの有効成分であるタダラフィルはと、シルデナフィルなどと同系統のPDE5阻害薬となっており、勃起まであるいは維持することをサポートしてくれる作用をもつ成分となります。タダラフィルの特徴は半減期が長いとういことで、半減期とは成分濃度が血中内で最高濃度に達してから体外に排泄されるまでの時間であり、服用してから36時間有効に作用してくれると言われています。

タダラフィルは性質上、水に溶けにくいため溶け出すまでに個人差が大きいものの長時間、身体の中にとどまり作用を持続させることができるため最大で36時間にわたって勃起をサポートしてくれます。この長時間作用も他の薬にはない特徴であり、性行為をしたい時にできるようになり、行為中に時間を気にすることなく性行為をすることができるため焦りや不安などを感じることもなくなり、相手のタイミングに合わせて性行為をすることもできるようにしてくれます。

従来までの薬の弱点を改善して薬となるので服用を必要としている男性にも非常に人気があり、愛用している方も多い薬となります。ED治療薬は一時的に血流量を増やし、血管を拡張する作用があるので、持病として心臓病や脳卒中などの経験がある場合には心臓や脳の血管に負担となり危険性が増すため服用することはできませんので該当する方の服用は控えるようにして下さい。また服用を勧めるわけではなく、使用は自身の価値観あるいは生活習慣によって決めるべきであり、男性本人だけでなくパートナーの意見も取り入れて決めて下さい。

1位 シアリス

シアリス

最大36時間持続し、食事の影響を受けにくい、副作用が少ないなどで世界シェアナンバーワンのED治療薬です

2位 バイアグラ

バイアグラ

世界で最初に販売されたED治療薬です。変わらない信頼と実績の高さから、初めて服用する方にお勧めです!

3位 タダシップ

タダシップ

シアリスのジェネリックで、1錠約400円です。効果や成分は同じなので、安心して服用できます。

バイアグラ